【公式】中央区の新築分譲マンション
「クレヴィア東京八丁堀 Chuo Minato」

半投半住という
賢い選択

Asset Management

Image Photo

今は住み、
将来は投資として活用する。
“半投半住”は都心に暮らす
新しい選択です。

人生において転勤、結婚、家族構成の変化など、様々なライフステージが訪れます。そのような中で、賢い選択と言えるのが「半投半住」によるマンション購入です。「半投半住」とは、賃貸や売却などがしやすいように資産価値を考えて物件を購入し、ライフステージに合わせて住まいを活用するという都心の新しい暮らし方。“今”は自分用として住みたい、でも“将来”のことも考えたい。そんな方は「半投半住」のマンション購入を考えてみませんか?

※「半投半住」とは、“投資”と“居住”の2つの観点を持ち合わせた住宅購入であり、「都心に住む by SUUMO」編集部の造語です。

住まいの資産性に着目する
購入者が増加しています。

リクルート住まいカンパニーの「新築マンション契約者動向調査」によると、住宅購入を思い立った理由として「資産を持ちたい、資産として有利だと思った」と回答した人の割合が約28%であり、増加傾向にあります。実際に、資産形成としてシングルやカップルのうちにコンパクトタイプを購入し、家族構成の変化に応じて広い住戸に住み替える人も多くいます。

※左図/東京23区の新築マンションを契約し「購入を思い立った理由」として「資産を持ちたい、資産として有利だと思ったから」と回答した人の割合を集計、25の選択肢から3つまでの限定回答。リクルート住まいカンパニー「首都圏新築マンション契約者動向調査」を基に作成。

売るにも住むにも
コストパフォーマンス重視なら、
幅広いライフステージの
変化に対応する
「コンパクト3LDK」がおすすめ。

物件価格もランニングコストも面積に応じて変動することを考えると「この先10年で本当に必要な広さ」を的確に判断することが大切になります。ライフサイクルから住まいを考慮すると、子供が2人以上の場合には部屋数の多い3LDKは魅力的。しかし、子供1人の時期や子供が独立後、そして老後の時間が人生の中では圧倒的に長いことを考えると、2人・3人暮らしに丁度良く使い勝手の良い「コンパクト3LDK」がおすすめ。ニーズが見込めるため、資産として保有する安心感も人気の理由です。

ライフステージごとの居住空間の推移

半投半住のメリット

Image photo

「クレヴィア東京八丁堀Chuo Minato」のプランなら、
ライフステージや用途に応じて、2LDK〜3LDKと自由に間取り変更ができ、幅広いニーズに対応可能。
スライドウォールを閉じることで、テレワークにも対応する独立した居室に。
スライドウォールを収納すれば、広々としたゆとりあるリビング・ダイニングに。
ニーズに合わせて間取りを容易に変更することが可能です。

Atype

■専有面積/62.85㎡(約19.01坪)■バルコニー面積/5.28㎡(約1.59坪)■サービスバルコニー面積/1.78㎡(約0.53坪)


※掲載の間取りイラストは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なる場合がございます。また、家具・調度品等は販売価格には含まれておりません。

「自分で住む」
場合

Image photo

住宅ローンを組むことで、
月々12万円台で購入が可能です。

[想定返済額](Atype・1101号室)

月々129,780※1

販売価格 8,440万円

「賃貸」に出して
収入を

Image photo

借り手の多い駅近都心立地で、
家賃による安定した収入が見込まれます。

[想定賃料](Atype・1101号室)

月々252,000※2

年間賃料収入 3,024,000円

「売却」して
まとまった資金に

Image photo

リセールバリュー(価格維持率)の高い
中央区&駅徒歩2分の立地は、
売却時も高水準での資金化が期待。

[中央区のリセールバリュー]※3

113.8%

東京カンテイ調べ(2019年2月時点)

※1:■提携ローン概要●ご返済例※Aタイプ1101号室、販売価格8,440万円・頭金1,000万円・借入金7,440万円・月々返済額129,780円・ボーナス時返済額(年2回)359,785円の場合※変動金利年利0.395%、元利均等35年返済※ご購入の際には上記支払額以外に初期費用及び管理費、修繕積立金等がかかります。●取扱金融機関/住信SBIネット銀行●融資金利/年利0.395%(店頭表示金利2.775%より最大−2.38%差し引かれます。)●融資期間/1年以上35年以内●融資限度額/10万円~2億円以下(10万円単位)●保証料/なし●銀行事務取扱手数料/お借入額の2.0%に相当する金額に消費税(地方消費税を含みます)を加算した金額。●住宅ローン取扱手数料/88,000円※金利は年2回見直されますが、返済額は適用金利が変わっても5年間一定で、5年ごとに調整されます。(ただし、前返済額の1.25倍が限度)※適用される金利は融資実行時のものとなり、表示されている金利・返済額と異なる可能性があります。※融資を受けるには所定の審査が必要です。審査結果によりご希望に添えない場合があります。予めご了承ください。(2020年3月現在)※2:表記想定賃料は2020年3月時点での東急住宅リース株式会社の査定賃料です。今後の経済情勢等により変動することが予想されます。※3:2007年1月~2009年12月に新規分譲され、2018年1月~2018年12月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。なお、専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外しています。東京カンテイ調べ(2019年2月時点)